きれいな水で歯科治療! 水道水で生成する安全・安心機能水 【歯科医院ウォーターライン除菌装置】 北九州市八幡西区の歯医者さん「あらたけ歯科クリニック」

医院案内

患者様がいつも健康、いつまでも健康であられるよう、予防歯科医療を基本とした歯科医療で地域の皆さまの健康のお手伝いをしております。
地域の皆さまのホームドクターとして信頼される歯科医院を永久目標に日々診療にあったっております。

医院案内

医院案内 − きれいな水で歯科治療【歯科医院ウォーターライン除菌装置】

診療ユニットの給水管内に形成されるバイオフィルムによる汚染が注目されています。
当院は水道管のおおもとに電解中性機能水生成装置を設置し、安全で安心な機能水を生成して使用することで、バイオフィルムとは無縁の治療を可能としております。

無菌状態に近い“本当にきれいな水”での歯科治療にどうぞご期待ください。

医院案内 − きれいな水で歯科治療【歯科医院ウォーターライン除菌装置】

診療案内

“患者様の健康をお手伝いする歯科医院でありたい”
すべての治療はこの基本姿勢のもとおこなわれます。
痛みの少ない治療、歯にやさしい治療、わかりやすい説明、リラックスして治療を受けていただける応対など、細かな心配りで患者様の健康のお役に立つべく、
スタッフ一同心のこもった歯科医療をお届けいたします。

診療案内

設備案内

痛みの少ない治療、歯にやさしい治療を実現する歯科診療設備、
患者様に安心して治療を受けていただくための歯科衛生設備をご案内いたします。

設備案内

ごあいさつ

すべては患者様に健康的な毎日を過ごしていただくために!
私たちは個々の患者様に最適な治療を提供できるよう日々研鑽に励み、
信頼していただけるホームドクターを目指します。

ごあいさつ

求人情報

現在は歯科衛生士の求人のみをおこなっております。
当院は予防歯科に力を入れており、歯科衛生士としてご活躍いただけるフィールドができております。
患者様の役に立ちたい方、スキルUPされたい方に最適な職場であると自負しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

求人情報

院長ブログ

患者様向け歯科情報や個人的な趣味のこと、北九州市の情報などを配信してます。
“院長ってどんな人?”
初めて来院される方も当院の患者様もぜひご覧ください。

院長ブログ

リンク

当院お勧めのWEBサイト集です。

リンク集

アクセスマップ

八幡西区藤原、九州共立大の近所の歯科医院です。
八幡西区の患者様を中心に水巻町、芦屋町、遠賀町、中間市などから患者様が来院されています。
13台駐車できる広い駐車場をご用意しております。

アクセスマップ

医院案内 − 診療ユニット給水管内除菌システム

本当にきれいな水で歯科治療をしています
皆さんはバイオフィルムをご存知ですか?

バイオフィルムは微生物が産生する粘液等より形成する膜状の集合体です。
水があって、そこに細菌やウィルス、真菌などがいればバイオフィルムはどこにでも形成されます。
例えば、流しの排水口、お風呂の浴槽やタイルの“ぬめり”などもバイオフィルムです。

歯面にこびりついたバイオフィルム

歯科でもバイオフィルムという言葉は積極的に使われています。
歯科ニ大疾患の“むし歯”と“歯周病”は微生物による感染症で、これらの微生物はバイオフィルム(プラークも相当します)を形成します。また歯石は微生物の死骸や代謝物が石灰化して固まったものです。

しかし本ページでお伝えしたいのは、診療ユニット給水系のバイオフィルム対策についてです!

流しの排水口にもできるバイオフィルムは診療ユニットの給水系経路にも付着します。
バイオフィルムは細菌などの微生物の塊ですから、いわゆるバイキンです。

当院は院内感染防止のために給水系経路のバイオフィルム対策は必要と考え、設備を導入して“きれいな水”で治療しております。

しかし、世の中の現状はそうでもないようです。

診療ユニット給水系のバイオフィルム対策の現状

歯科治療において水は歯を削る時やお口をすすいでもらう時などに必ず使用します。
しかしこの水についてアメリカ疾病予防管理センターは
2003年に提唱した「歯科臨床における院内感染予防ガイドライン」の中で、
給水系のバイオフイルムが絶滅されていなければ、治療用水の細菌汚染をなくすことはできない。
と述べています。

アメリカ疾病予防管理センターとは?
アメリカ疾病予防管理センター 本センターより勧告される文書は、非常に多くの文献やデータの収集結果を元に作成、発表されるため、世界共通ルール(グローバルスタンダード)とみなされるほどの影響力を持ち、実際に日本やイギリス等でも活用されている。
ウィキペディアより一部抜粋
 
Googleで検索してみてね。

診療ユニットの給水系の院内感染防止については、
厚生労働省が行政の衛生主管部宛てに出した通知の中にもQ&Aとして記載されています。
※この通知は2014年5月18日の読売新聞「ハンドピースの使い回し」の記事を受けて出されたものです。

前述の質問の回答を見ると、
診療ユニットの給水系を毎日消毒するよう勧められてはいますが未だに任意であることがわかります。

しかし平成9年の開業以来さまざまな院内感染防止対策を徹底してきた当院の衛生管理システムに妥協はありません。

診療ユニットの給水系においても水道水のおおもとに電解中性機能水生成装置を設置し、水回りの衛生環境を構築しております。

当院の電解中性機能水生成装置
院内で活躍するきれいな水

当院が導入している電解中性機能水生成装置は
(株)セルフメディカルの「ポセイドン」です。

水道水から生成された電解中性機能水が診療ユニットの給水系を常に通水するため、細菌などの微生物の繁殖を抑えてバイオフィルムの形成を抑制し、いつもきれいな水が供給されます。

製造メーカーのキャッチコピーは、
信頼の歯科医療は、『最良の治療水』から。
環境を衛生的に保ち、患者さんにやさしい治療を提供できるよう開発された装置です。

ポセイドンは唯一歯科ユニットメーカーが推奨する診療ユニット給水管内除菌システムです。

きれいなお水の歯医者さん (株)セルフメディカル制作 患者さん向けサイト >>

電解中性機能水が生成される仕組み

電解中性機能水は添加物一切なし、水道水のみから生成されます。
ちょっと科学の授業を思い出してしまいますが(笑)、
水道水の塩素イオンを電気分解し、次亜塩素酸(HClO)と次亜塩素酸イオン(ClO-)を生成します。
これらが含まれた高い残留塩素濃度を持つ除菌水が“電解中性機能水”です。

次亜塩素酸(HClO)と次亜塩素酸イオン(ClO-)が有効成分。除菌能力を持つきれいな水ができるまで。
次亜塩素酸(HClO)と次亜塩素酸イオン(ClO-)が有効成分。除菌能力を持つきれいな水ができるまで。 次亜塩素酸(HClO)と次亜塩素酸イオン(ClO-)が有効成分。除菌能力を持つきれいな水ができるまで。
院内をめぐるきれいな水“電解中性機能水”

ポセイドンで生成される電解中性機能水はpH6.5~7.5、残留塩素濃度 約5ppmに調整されており、
厚生大臣の定める浸出性能試験もクリアした【適飲用】の安全な水です。

当院の治療給水系は以下の図のようになっており、すべての治療で電解中性機能水を使用しています。
治療でも、水道の蛇口をひねっても、安全で安心な電解中性機能水を使用できることは嬉しいかぎりです。

限りなくゼロに近い細菌数の水を使用!安心・安全な治療を可能にした当院のウォーターライン
限りなくゼロに近い細菌数の水を使用!安心・安全な治療を可能にした当院のウォーターライン
歯科医院をもっときれいに衛生的に!当院の安心・安全治療へのこだわりもぜひご覧ください
あらたけ歯科クリニック TEL.093-692-0582

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなど具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりの来院の場合は、かなりお待たせすることがありますのでご理解をお願いいたします。

公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様など治療以外のお電話はお控えください。

アクセスマップ 診療時間・休診日
あなたに適した歯科治療は? YES、No診断
メインメニュー
歯周病を薬で治す!歯周内科治療! セレック − 未来型歯科治療高品質セラミックスの白い歯で笑顔と健康を応援! 白い歯で笑顔をもっと印象的に安心・安全ホワイトニング きれいな水で歯科治療
歯科治療例解説動画
携帯ホームページのご案内
QRコードをクリックすると、
携帯サイトのURLを送信できます。
院長ブログのご案内
QRコードよりモバイルブログ、
クリックするとPCブログを開きます。